PR

NVIDIA GEFORCE RTX3080 で 3DMarkベンチマーク計測

3DMark ショッピング
3DMark

以前購入したRTX3080で3DMarkでベンチマークを計測しました。まずはPC環境の紹介です。

まず、はじめにベンチマークを計測した際のPCの環境(各パーツ)を紹介したいと思います。

OS : Windows10pro 64bit

付属のUSBメモリからインストール可能です。ディスクドライブ不要!

マイクロソフト Windows 10 Pro 日本語版 HAV-00135

CPU : Intel core i5 10400@2.9GHz

今のところコスパが一番高いCPUでチョイスしました。

【コストを抑えてゲームを楽しみたいユーザー向けCPU】Intel Core i5-10400 LGA1200(CPU PCパーツ MM99A0V8 保証付き ゲーミング用にオススメ)【新品】【正規販売代理店】

GPU(グラボ):Video: ZOTAC GAMING GeForce RTX 3080 Trinity OC

最近やっと値段が下がってきて入手しやすくなってきました。

それでもまだ高いですよね。

ZOTAC GAMING GeForce RTX 3080 Trinity OC グラフィックスボード ZT-A30800J-10P VD7443

ディスプレイ(モニタ): GH-ELCG238A-BK

今は値上がってしまいましたが、このモニター発売当初は19800円でした。144MHz対応です。

メモリ: W4U2666CX1-16G (32GB)

マザーボード(マザボ): AsRock Z490 steel legend

今回の自作で初めてAsRockを使いました。思ったよりも良かったです。次回もAsRockを買いたいと思いました。

ASRock Intel 第10世代CPU(LGA1200)対応 Z490 チップセット搭載 ATXマザーボード 国内正規代理店品 Z490 Steel Legend

SSD: WDS100T2B0B-EC

今回の自作で初めてM.2 SSDを導入しました。

もちろん速度はSSDよりも体感で早く感じました。

データ保存用に普通のSSDもつけてます。昔はこの立ち位置がHDDだったので時代は変わりました。

次からはいよいよ実際のベンチマークを計測した動画になるよ!

3DMark Wild Life Benchmark

3DMark Ice Storm Benchmark

3DMark Port Royal Benchmark

3DMark Night Raid Benchmark

3DMark Sky Diver Benchmark

コメント

タイトルとURLをコピーしました